カテゴリー
年中算数

幼稚園児の先取り学習について〜もやもやした話〜

Hi,

runsukeです‼︎今日は題名の通り少しもやもやしたお話です。

長女「ノギコ」幼稚園児(年中児)は,兄「そるる」の影響と父runsukeの趣味により,主に算数で先取り学習を進めており,計算は3年生分まで概ねマスターしました。そんな「ノギコ」,最近,幼稚園から以下のような趣旨のお手紙(子育て通信なるもの)をもらってきました(一部を抜粋修正)。

“「みかんが3個,りんごが2個あります。合わせていくつですか?」

この質問にどのように答えるか?

「3+2=5」という回答が正解ですが,「みかんとりんごを合わせたらミックスジュースになるね‼︎」「フルーツポンチもいいね‼︎」といった発想の回答を尊重します。今の時代「答えのない発想ができる力」が重要になります。

「3+2=5である」という数概念を理解するとたちまち「ミックスジュース」という回答をする子供は少なくなってしまいます。”

「ノギコ」に聞きました。

みかんが3個,りんごが2個あります。合わせていくつですか?

5つ‼︎3+2=5‼︎

即答でございました。ミックスジュースもフルーツポンチも出てきやしません。

もちろん「答えのない発想ができる力」が重要であることは理解できますし,共感もできます。先取り学習を否定する意図がないことも理解できるのですが,しかし…。

というもやもやするお話でした。

終わり。

作成者: runsuke

国内最難関と言われている公立大学(国立ではない)を卒業し、現在は在宅勤務がメインのサラリーマン。三児の父であり、ランニングと長男(そるる;2020年度現在小学1年生)と長女(ノギコ;2020年度現在年中)とに自宅で算数を教えることが趣味。